ラーメンセット・・・

key好きな管理人によるオタク向けのページ。
基本的にはアニメ、ゲームの話題ですが日常で気になったことをかいてみたり・・・。
<< リトルバスターズ大体終了 | main | 夏コミ初日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2008.11.15 Saturday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
TBSアニメフェスタ2007(8/11初日)
今年も恒例のTBSアニメフェスタ2007に行ってきました。
今年はちょっと物足りなかったかな?
というのも新作のほとんどが続編というなんとも微妙な新番紹介だった・・・。
新作はガンダムOOの映像が流れたけどあまり興味を引くものではなかったなあ・・・。

・怪物王女
 トーク部分はキャラクターの人気ランキングを当てていくコーナー非常にぐだぐだ・・・と思ってたけどそのランキングが意外で面白かったからよしとしよう。
 ライブはOPのみ。まあアリプロは予定参加者に載ってなかったからしょうがないけど。ライブは前から結構いい歌だと思っていたので楽しめた。

・ロミオ×ジュリエット
 知らない人用にダイジェスト映像が流れただけ。でもやっぱりいつ見てもいい作品だと思う。

・ポリフォニカ
 初めて現役高校生、仕事のたびに名古屋から新幹線で上京、の小松遥を詳しく知った。内容は佐藤利奈があまりにも小松遥を押しすぎてちょっと引いてしまった・・・。
 ここでもライブ。OPのApocrypha(eufonius)とEDのコンコルディア(kukui)が歌われた。OPはCDも持ってるからriyaさんのきれいな声が響いてかなりよかった。EDもこう生で聞くとやっぱりいい曲に聞こえるww

・おおきく振りかぶって
 なんとも耳ざわりな腐女子の声が近くにあったので特に面白い部分は見受けられず。あの女特有の早い拍手の仕方は何とかならないのかね?あと大声で感想だけを言うのもw結局これが終わってちょっとしたら帰るし・・・。
 まあいつ帰るのも人の勝手だしイベントの捕らえ方も勝手だからいいけどさ。

・逮捕しちゃうぞ フルスロットル
 これは面白かった!!内容は主役二人のトークと第一話上映。元々好きなこともあるけど爽快感があって良かった。前回解散したコンビが今回はそれぞれランクアップして再びコンビを組むってことになるのかな?一話はミニパトじゃなかったから早く第二話を見てみたい!

・ああっ女神さまっ
 これも毎回変わらずのトークだけど監督じゃない。そのわけは20周年記念新作を作ってるからとのこと残念ながら内容は一切不明だけど今後に注目。
 もちろん井上喜久子17歳も健在。今回はさらにスモークもっと焚いてくれ発言。本当の年齢をいうと「おいおい」の意味が変わってしまうとか。

・ヴィーナス ヴァーサス ヴァイアラス
 去年の銀様ラジオみたいな感じでルチアとスミレが世界のゴスロリショップ、ヴィーナスヴァンガードの宣伝を行うというラジオ風コーナー。ポニ山キャニおさんからのお便りが宣伝。途中に入るCMも宣伝とすべてが宣伝で終わってしまった。最後は提供ヴィーナスヴァンガードで締め。
 去年の銀様ラジオには及ばなかった・・・。
 その後ルチア役の高垣彩陽さんとスミレ役の茅原美里さんが登場。ここでは高垣彩陽がお辞儀をしまくりで良かった!しかも90度お辞儀。回数数えたい程お辞儀をしまっくっていてなんか和んだ。
 その後はライブ。しかし放送事故(向井さんより)発生。内容はEDを歌う妖精帝国が出てくる前に音が流れ始めていったん曲が止まり出てくるのを待ってから初めから掛けなおし、で元に戻った。トラブルもあったけどライブはなかなか良かった。
 OPもライブだったけど印象が薄くてあんまり覚えていない↓

・ひだまりスケッチ
 予想通り会場はこれ目当ての人が多数。休憩中に流れた曲で手拍子打ったりしてちょっと異様な様子だったのが実際にコーナーが始まったときは更にカオスな雰囲気が漂った。それ以前から大声で応援(には聞こえない)してる人が更に大声を張り上げたりそれ以外の人も続々と引くような掛け声を連発していった。それと阿澄佳奈さんがいないことをスルーされたのち客席から登場などで客席は盛り上がってた。
 まずはうめ先生の書いたふきだしが空欄の四コマを阿澄佳奈、水橋かおり、後藤邑子、新谷良子がそれぞれ作った話を発表してうめ先生が採点というコーナー。後藤さんの四コマで出てきた「ともだ」(で途切れた)は往年の名ギャグ「ともだちんこ」でいいのかな?というようなわからない人の方が多そうな四コマが優勝だった。ちなみに阿澄さんは擬音語大会の話で四コマどころか無限に続けられる四コマ?を披露。
 トークが終わると特別編の前半の上映。面白かったけど苺ましまろのときの衝撃に比べると劣る・・・。パロディは微妙であきら様らしきキャラが一瞬映ったり絶望先生らしき人が映ったりというレベル。本編では校長先生と先生の撃ち合いは面白かったけどいまひとつ何かが足りない・・・。
 その後はOPのライブ。やはり予想通り・・・いや予想を大幅に超える盛り上がり=(一般人から見た場合の)キモさがあった。これは何も知らない人が見たら・・・。今年は三年くらい前までは一切いなかったオタ芸軍団がものすごい勢力で会場を侵食していた。そして客席から出て通路とう通路で激しく上半身を使って踊っていた・・・。

・Lia☆スペシャルミニライブ
今回二番目に楽しみだったコーナー。まずはメドレーから始まり最後はやっぱり鳥の詩。メドレーの順番はana→Last regrets〜Acostic ver.→青空→Farewell songと続いた。
 いやもうなんというか生でLiaさんの声を聞けるのはいいねぇ〜。もう何回も言われてるだろうけど透き通るような声はいい!そいや青空で「誰よりも」のとき一瞬一番の歌詞の「たくさんの」と間違えそうになったけど見事に何もないように見せたのはすごかった。(逆だったかもw)
 鳥の詩は格が違いすぎる。他のうたは1コーラスだったのに大して鳥の詩はフルコーラス&メドレーではなく単独で歌われたし。自分もカラオケで挑戦してみるけど絶対に歌えないのにLiaさんは生であの声が普通に出るのはすごすぎ。 楽しめたけどLight colorsが無かったのは残念↓

・CLANNAD
 何と地上波!!今までBS-iだけで見れなかったからこれは今回一番の重大発表。放送は10月4日(木)の25:55(25?)から。ということは逮捕しちゃうぞに続いてCLANNADも見れるということか!
 最初はOPメグメルのライブから開始。再びeufoniusさん登場。この歌も鳥の詩には及ばないけどなかなか良かった。
 続いて渚:中原麻衣さん、杏:広橋涼さん、涼:神田朱未さん、風子:野中藍さん、ことみ:能登麻美子さん、早苗:井上喜久子さんによるトーク。
 広橋さんのボンバーは目を惹きすぎる・・・w 後向井さんも気づいてなかったけど井上さんが自分のキャラの早苗と自分を紹介するとき「古川渚役の井上喜久子です」って言ってたww 野中藍さんはいつもどおりの内容が無い話・・・。
 トークが終わるとそのままエンディングへ・・・会場が何でという無音になったと思ったら向井さんの冗談だった。一瞬一話の製作が間に合っていないのかと思ったw 

・CLANNAD第一話
 動く春原が見れた!
 始まりは当然渚と智也の出会いからスタート。「あんぱんっ」もきちんと出てきて「俺たちは登りはじめる長い、長い坂道を」からOPへ。
 OPが明けると幻想世界のシーン。ロボット視点からロボットの声で女の子とおかれている状況の説明が語られた。そして春原の見せ場!ラグビー部のスクラムの中に春原が放り投げられその後はラグビーボールとしてパスを出し合っていく、最後は美佐江さんに助けられた。この辺りはギャグとしてはいまひとつだけど春原が動くだけでもいい感じ。
 後の話はもう忘れてるけど覚えてるシーンから。
 委員長(涼)が智也に遅刻を注意するシーン。涼が占いをしてその結果杏が涼が泣いてるのを発見。(実際は最初声のみ)智也へ辞書がものすごいスピードで投げられ避けた辞書が窓の外の木へ直撃して鳥があわてたように飛び立った。(ここは結構笑えた)
 場面変わって渚が中庭でひとりで昼ごはん中なのを智也が発見。渚に話しかける。そこで渚がダブっていることと友達がいないことをつげられた。その話の後屋上に人がいるのを見つけて手を振るように進めるが気づかれることは無かった
 智代との出会いのシーンはちょっと原作と違っていて春原と智也と渚が校庭へいるところに不良三人がバイク二台で登場。それを智代が退治するという内容。智代のけりはすごすぎる・・・。一台を目にも止まらない速さで跳んで蹴って一台を高速拳のように蹴って退治。バイクの壊れっぷりもすごい!・・・と思ったけど見物人目線ではただバイクの横を蹴っただけという見え方。今後も智代のシーンは見物人目線が追加されるのだと思う。その後春原が智代に対して女は強くなんかないとうのを確かめるために学校の廊下で勝負を挑むが即やられるのは原作通り。
 ・・・ちょっと進んで智也と智也の親父の確執のシーン。そのとき智也は直幸のことを「父さん」と呼んでたけどその時点で呼んでたっけ?まあいいけどw その場面で直幸に「智也くん」と呼ばれて怒った智也は家出・・・渚の家へ。
 渚の家に入ると早苗さんが今週の新作のパンを勧めてくる。それを食べた瞬間バリバリという音が。なんとこのパン「せんべいパン」だったのである。その感想を智也が正直に言うと早苗さんは泣きながら走り出してしまう。そこへ秋生登場。
 智也は渚の家で晩御飯をご馳走になり岡崎銀河、大宇宙銀河、岡崎智也エターナルなどという名前を頂戴する。その後智也が男だったという事実を知った秋生とのかけあいもあってそこが一番笑えた。
 結局最後はそのシーンで終わって風子やことみの出番はなし。
 EDは「だんご大家族」というかなりずれたED。「渚」のBGMに歌詞がついたものだけどだんごばっかり言ってるw キャストには白石稔の文字が・・・。正直どうでもいいかw


 CLANNADが終わると全て終了。途中CLANNADの制服を着たグラビアアイドルがでてきてCSの番宣をしてたけどどこでやったか覚えてないので省きました。
 今回は新しい発見はナシ。どの新番も続き物ばっかりで新鮮さに欠けた↓まあでも逮捕しちゃうぞがかなり良かったしCLANNADは期待通りの作品になりそうだからよしとしよう。CLANNAD地上波〜♪
 せっかく初日に言ったのに感想が二日目のあとという何ともなさけない結果に・・・。来年は初日が終わってすぐに感想書きたいものだなぁww
【2007.08.12 Sunday 21:25】 author : ピンチ×2 | アニメ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2008.11.15 Saturday 21:25】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://4638shiro.jugem.cc/trackback/124
トラックバック
naruto-ナルト-疾風伝 第024話
三代目風影の砂鉄攻撃を怪力で押し返すサクラ。 「医療忍者に最も必要な能力は、攻撃に対する回避能力」その信念の元、修業期間中綱手に徹底的に鍛えられたサクラは短時間の戦闘にもかかわらず、早くもサソリの攻撃パターンを見切り始めていた。
【2007/08/13 1:18 PM】 アニメlook |
このサイトを登録 by BlogPeople
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
お勧め商品
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」DVD-BOX(完全生産限定版)
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」DVD-BOX(完全生産限定版) (JUGEMレビュー »)

待望のDVDがついに出ます!
子供向けアニメでありながら今見てもその世界に引きずり込まれるストーリーと演出はとてもすばらしい!
自分がまだミニ四駆をやっているのもレッツ&ゴーがあったからです。
お勧め商品
てのひらを、たいように ~永久の絆~ (通常版)
てのひらを、たいように ~永久の絆~ (通常版) (JUGEMレビュー »)

声がなんともいえません。
毎日こんな風に起こされたら・・・迷惑?
お勧め商品
宇宙のステルヴィア DVD-BOX MISSION 1
宇宙のステルヴィア DVD-BOX MISSION 1 (JUGEMレビュー »)

学園SFものです。恋愛ありちょっとした笑いあり随所に泣き所もあるいい作品です。人間という存在をよくとらえています。
自分の志望大学を決めた作品でもあります。(笑)
お勧め商品
Kanon & AIRスカイ
Kanon & AIRスカイ (JUGEMレビュー »)
依澄 れい
kanonとAirのキャラ達がお互いの町に行くという話です。依澄先生の絵がきれいなこときれいなこと!話自体もよくできていて微笑ましい光景が広まっています。絵とストーリーで自分の心はかなり癒されました。
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
更新情報
CATEGORIES
今までの記録
最近のコメント
RECENT TRACKBACK
LINKS
SEARCH
Amazon.co.jpへようこそ!
PAGETOP